男性のヒゲ脱毛を行った後にサロンが行うアフターケア内容

ヒゲ脱毛の施術が終わると、サロンでアフターケアをしてくれます。どんなアフターケアをしてくれるのか、その内容を見ていきましょう。

 

ヒゲクリーム

 

・アフターケアの代表は消毒

 

サロンでしてくれるアフターケアの代表的なものが消毒です。施術が終わった後、毛穴などに菌が入ったりしないよう、サロンスタッフが消毒をしっかりしてくれます。

 

これによって肌トラブルを予防することができ、しかも面倒な消毒という作業を自分でする必要がなくなります。安全性を高めるためにも必要な作業ですし、アフターケアとして消毒をしてくれるのはとても助かります。まずはしっかり消毒をして、肌を清潔な状態に保ってくれるわけです。

 

・冷却することも大切なケア

 

一般的に施術終了直後は、肌が熱を持った状態になっています。いわゆる火照っている状態のため、アフターケアとして肌を冷やし、火照りを鎮めてくれます。

 

専用の保冷剤を使用したり、濡れタオルで冷やすなど、サロンごとに具体的な方法は違いますが、どのサロンでも冷却自体は行います。

 

消毒と同じように重要なケアになりますので、必ず肌を冷やしてもらうようにしましょう。自宅に帰ってから自分でも冷やすのも良い方法です。

 

・肌のためのケアに保湿をしてくれる

 

多くのサロンではアフターケアとして保湿もしてくれます。ジェルを塗ったり、クリームを塗ったりして、肌が乾燥しないように処置してくれる形です。これは脱毛のためのケアというより、肌のためのケアと言った方がいいでしょうか。

 

保湿までしっかりしてくれることで肌荒れを防ぎ、ヒゲのない綺麗な肌を目指せるようになります。まるでエステサロンのようなケアですが、ヒゲ脱毛のサロンでもここまでしっかりケアしてくれます。

 

また、ケアとは少し意味合いが変わるかもしれませんが、最後に肌の状態をチェックしてそれを伝えてくれたりもします。自分の肌の状態を把握しながら、施術を進めていけるわけです。

 

脱毛サロンでは施術だけでなく必要なアフターケアもしてくれます。自分ですることも大切ですが、最低限のアフターケアはサロンでやってくれるので手間がかからず便利です。