男性ヒゲ脱毛は好きな形にデザインして楽しめるの?

ヒゲ脱毛でヒゲを完全に脱毛したいとは限りません。一部を残したり、好きな形にデザインして脱毛することは可能なのでしょうか。

 

カッコいいヒゲ

 

・脱毛部位は自分で選べる

 

まず、ヒゲ脱毛というのはヒゲをとにかくすべて脱毛するというものではありません。一般的には口周り、あご、頬、といった感じで脱毛部位が分かれており、その中から脱毛したい部分を自分で選ぶ形になっています。

 

そのため、口周りのヒゲだけを脱毛したり、頬のヒゲだけを脱毛したりといったことが可能です。つまり、邪魔なヒゲはしっかり脱毛し、必要な部分のヒゲは残せるのです。

 

また、ヒゲを薄くするだけといった対応もしてもらえるので、かなり自由にヒゲの状態を調整できるようになっています。

 

・デザインも可能

 

もちろん、ヒゲのデザインをして楽しむことも可能です。たとえば、あごヒゲだけを残してあごの部分だけはヒゲを生やしたい、そんな時はあご以外の不要な部位のヒゲだけを脱毛してもらえます。

 

これならヒゲを伸ばしてワイルドさを演出しつつ、不要なヒゲは生えてこないスッキリした状態にもできます。清潔感も出せますからとても助かります。

 

また、ヒゲが濃いのが嫌だけどまったくヒゲが無いのも嫌だ、というならデザインをすることでヒゲを薄くするだけといった施術も可能で、思い通りの状態にできるのです。

 

デザインはサロンで相談することでかなり柔軟に対応してもらえます。まず、サロンで相談することから始めてみるのがいいでしょう。

 

・カウンセリングをしっかりと

 

ヒゲをデザインしながら脱毛する場合、こちらと担当医師の意思疎通が重要です。どんな感じのデザインにしたいのか、どの部分は残し、どの部分は脱毛するのかなど、しっかり医師に要望を伝えましょう。

 

その場がカウンセリングとなりますので、カウンセリングで医師の話をよく聞くと同時に、こちらの要望をはっきりと伝える必要があります。意思疎通が不十分だと思わぬトラブルに発展する可能性もありますので注意してください。

 

ヒゲ脱毛ならデザインしながら自由に楽しめます。オシャレにこだわりたい方にもぴったりです。