日焼けしていると男性のヒゲ脱毛を受けることはできないものなの?

日焼けしているとヒゲ脱毛を受けられない、こんな話があります。では実際に日焼けをしているとヒゲ脱毛は不可能なのでしょうか。

 

拒否

 

・日焼けとヒゲ脱毛の関係性

 

ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛や光脱毛といった方法があります。これらの方法の場合、特殊なレーザーや光がヒゲに反応して脱毛を行っていくのですが、正確にはヒゲに反応するのではなく、黒いものに反応しています。

 

そのため、極端に日焼けしていて肌が黒いとレーザーや光が肌に反応してしまうことがあるのです。肌に反応してしまうとやけどのリスクが生まれ、安全性の面からヒゲ脱毛を断られることがあります。絶対にヒゲ脱毛できないというわけではありませんが、施術ができない可能性が高まるわけです。

 

・ヒゲ脱毛をするなら日焼けは避ける

 

上記で紹介したように、日焼けしすぎているとヒゲ脱毛ができなくなるかもしれません。夏やしっかり焼きたいという男性もいると思うのですが、ヒゲ脱毛を考えているなら脱毛が終わるまでの間だけでも日焼け対策をしておきましょう。

 

また、ある程度日焼けしていてヒゲ脱毛できるかどうか気になる場合は、まずサロンのカウンセリングを受けてみましょう。サロンに直接判断してもらうのがもっとも確実だからです。レーザーや光が肌に反応しない程度の日焼けであれば、十分にヒゲ脱毛を行えます。

 

・脱毛の方法も考える

 

レーザー脱毛や光脱毛はその性質上、日焼けしているとできない可能性がありますが、針脱毛なんかは日焼けは特に影響しません。日焼けしていても脱毛する方法もあるわけです。

 

ですからどうしても日焼けはやめられない、日焼けした状態だが今すぐに脱毛したいという場合、サロン選び、脱毛の方法選びも大切です。日焼けしている状態でも脱毛をしてくえるサロンを探せばいいのです。

 

もちろん、日焼けしていない方が選択肢は増えますから、日焼けをしないように注意するのがもっとも良い方法です。

 

日焼けだとどうしても脱毛できないケースが出てきてしまいます。ヒゲ脱毛をする時はなるべく日焼けを落としておく、これがポイントです。

男性のヒゲ脱毛が受けられない?拒否されるケースについて

ヒゲ脱毛は場合によっては施術を拒否されてしまうことがあります。どんなケースで施術が拒否されるのか、これを抑えておきましょう。

 

・日焼けしているケース

 

脱毛の方法にはいくつかの方法がありますが、その多くはレーザーや光を照射して脱毛するという仕組みです。こうしたレーザーや光は黒い色に反応するため、毛に反応してくれるようになっています。

 

ですが、日焼けしていて肌が黒いと毛ではなく肌に反応してしまい、肌に大きなダメージを与えてしまいます。日焼けの度合いにもよりますが、各サロンの判断によって日焼けしていると施術を拒否されるケースは珍しくありません。

 

今現在、日焼けをしているという方はまずサロンで見てもらうか、日焼けが落ちるまで施術を待つようにしましょう。自分の肌を守るためにも、日焼けしている時は脱毛すべきではありません。

 

・大きなホクロがある、ホクロの数が多いケース

 

日焼けした肌と同様に、ホクロも脱毛で利用するレーザーや光に反応してしまいます。一般的にはホクロをシールで隠すなどして施術するのですが、ホクロが大きい場合やほくろの数が多く施術が困難な場合は拒否される可能性があります。

 

日焼けとは違い、ホクロについては施術を担当する意思の判断も大きいので、まずはカウンセリングで状態を見てもらうのがいいでしょう。カウンセリングの結果を見ながら、意思が施術できるかどうかを考えてくれます。日焼けとは違い、ホクロはどうすることもできませんので、とにかくまずは意思の判断を仰ぎましょう。

 

・ニキビも要注意

 

ニキビがあるケースも、肌の安全性を考えて施術を回避することがあるようです。ニキビの状態などにもよりますが、ヒゲ脱毛を考えるならニキビケアも重要な要素なのです。

 

特にニキビが目立つという方の場合、まずはそのニキビを解消するよう、肌のケアから始めていくのがおすすめです。ニキビがある程度解消されたらカウンセリングを受けてみて、それで施術可能なら問題ありません。大切な顔の肌を守るためにも、ニキビはなるべく増やさないようにしましょう。

 

こうしたケースの場合、施術を拒否されてヒゲ脱毛を受けられない可能性があります。事前に対策できることはしておいて、しっかり施術してもらえるようにしましょう。