濃いヒゲの人に多い生活習慣やケアの失敗例とは?

生活習慣とヒゲのケアの仕方で、ヒゲが濃くなってしまうことをご存知ですか?男性ホルモンはヒゲの成長を促しますが、気を付けていないと生活習慣によって男性ホルモンを過剰分泌させてしまうことがあります。ヒゲを薄くしたい方は生活習慣やヒゲのケアに注意を払うことが大切です。

 

メタボ腹

 

・ヒゲを濃くする生活習慣とは

 

ヒゲが濃いことは男性ホルモンが多いためですが、生活習慣によって男性ホルモンを増やしてしまう場合があります。男性に多いのは栄養バランスの偏りで、特に独身男性の場合、コンビニ弁当やスーパーの御惣菜などで食事を済ませることが多くあるでしょう。昼は外食、夜はお弁当という食生活は、自然と動物性タンパク質を多く摂ることになり、男性ホルモンを増やすことに繋がります。

 

また、仕事のストレスや残業による睡眠不足もホルモンバランスを乱し、男性ホルモンが多く分泌される原因になります。ヒゲを薄くしたい場合は、栄養バランスのとれた食生活とストレスを軽減することが大切です。

 

・ホルモンバランスを乱す生活習慣を避けよう

 

運動不足はホルモンバランスを乱す原因となり、男性ホルモンが多く分泌されヒゲが濃くなる原因になるでしょう。デスクワークで座っていることが多い男性は運動不足になりがちです。駅まで歩いたり、週末には体を動かすなどして運動不足を解消するならストレスも軽減できるので一石二鳥でしょう。

 

喫煙もホルモンバランスを乱してしまいますし、肌の代謝が悪くなり肌荒れが起きやすくなります。肌の代謝が下がりバリア機能が弱まると、カミソリ負けしやすい肌になってしまうので、喫煙の習慣は避けたほうが良いでしょう。

 

・ヒゲが濃くなるケアの失敗例

 

ヒゲを剃る時に注意しないなら、ヒゲがさらに濃くなってしまうことがあります。ヒゲ剃りの前にシェービングフォームを使用せずカミソリで剃るなら、肌に負担がかかりさらにヒゲが濃くなる場合があります。カミソリの刃は定期的に交換し、古くなった刃では剃らないようにしましょう。古いカミソリで肌に負担がかかると、身体は肌を守ろうとする防御反応によりヒゲを濃くしてしまうのです。

 

またヒゲを自分で抜いてしまうと、次に生えてくるヒゲは以前よりも濃くしっかりとしたヒゲが生えてくるので、ヒゲを薄くしたいなら禁物です。ヒゲが濃くて悩んでいる方は、ヒゲを濃くするであろう生活習慣を避けることが大切です。適切なヒゲ剃りと肌に優しいケアをし、ヒゲの悩みに対処していきましょう。