男性ヒゲ脱毛を受けるなら注意したい毛嚢炎と呼ばれる症状

ヒゲ脱毛を受ける時に注意したいのが毛嚢炎と呼ばれる症状です。毛嚢炎とはどんな症状なのか、どんな対策があるのかを事前に把握しておきましょう。

 

洗顔

 

・毛嚢炎とは

 

毛嚢炎とは肌が炎症を起こしてしまう症状のことで、見た目はニキビによく似ています。そのためニキビができたと勘違いしやすいのですが、実際には肌が炎症を起こしている状態です。

 

ヒゲ脱毛をすることで肌がダメージを受け、敏感な状態になってしまうことがあり、その結果毛嚢炎を引き起こしてしまうことがあります。特にヒゲ脱毛を初めてする方は肌が施術に慣れておらず、毛嚢炎になる可能性が高いと言われています。

 

しっかり対策をしないと肌が大きなダメージを受けてしまうので気を付けましょう。

 

・毛嚢炎の原因は

 

ヒゲ脱毛で毛嚢炎になる可能性があるわけですが、直接の原因は毛穴で菌が繁殖することです。ブドウ球菌と呼ばれる菌が毛穴で繁殖することで発症する仕組みです。

 

ヒゲがある状態だと毛が菌の侵入を防いでくれたり、そもそも肌のバリア機能が働いてくれたりして毛嚢炎を防いでいます。

 

ですがヒゲ脱毛をすることで毛がなくなり、さらに肌のバリア機能も一時的に失われる可能性があり、毛嚢炎の可能性が出てくるわけです。ヒゲ脱毛をする以上、どうしても出てくるリスクと言えるでしょうか。

 

・毛嚢炎を防ぐには

 

毛嚢炎を防ぐには菌の繁殖を防ぐこと、これがとても大切です。普段から気を付けている方も多いはずですが、ヒゲ脱毛をしている期間はいつも以上に肌を清潔に保つよう意識しましょう。洗顔をしっかり行い、洗顔後はぬるま湯でしっかり洗い流す、これを意識するだけでも違ってきます。

 

また、できれば保湿もしっかりと行い、肌がみずみずしく綺麗な状態を作り出しましょう。とにかくヒゲ脱毛をすると肌がダメージを受けやすいので、トラブルが起きないようにしなくてはなりません。

 

ヒゲ脱毛はとても便利ですがトラブルの原因になることもあります。どんなトラブルがあり、どうすれば予防できるのかを知れば安心です。